つれづれ雑記

日常と脳内妄想とネタバレの倉庫。
とんでもなく万人受けしない内容なのは自覚アリ。
最近ヲトメに手芸作品も上げてます。
<< 新刊買って来た。 | main | オフ会レポ? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
久し振りにひろった。

久し振りにバトンを拾ったので答えてみる。
いまスランプ中なのでいろいろときつかった。
そして答えるためにサイトにアップした小説を読み返していたら続きものの途中部分がまるっとアップされてないのに今更気づき、あわててこっそり直したw



小説書きさんを問い詰めるバトン

 




1:小説を書く際、資料などは使いますか? 何を使いますか?(例:wikipedhia、書籍名、etc)

二次創作してるので基本は原作主義。
でも原作を置いて妄想が大暴走してるものもあります(コナンとか)
あとは、基本的には自分の中から語彙とかを必死こいて搾り出してるので、資料はあんまり使いません。
あ、萌え補給としてお気に入りサイトさんの創作を読んだりはする。


2:プロットやフローなどは用意しますか? 用意するとしたら、どのように立てていますか?(例:メモ書き、StorYBook、etc)

ほとんどのものが行き当たりばったり。
ときどき、設定を忘れそうなときに箇条書きで残しておくことはあります。
あと、ネタはブログとかメモ帳とか。


3:小説を、どこかに投稿したことはありますか?

ありません。これからの予定もありません。


4:あなたの小説(文章)が一番影響を受けている作家さんを一人挙げるとしたら、どなただと思いますか?

んー、過去は長野まゆみ先生にずいぶん影響受けてました。今は結構抜けたと思いますけど、一作でも読むと途端に影響が出るので、書きかけのものがあるときは読まないようにしてます。


5:あなたの書いた小説に今まで登場した中で、一番好きな情景描写の言い回しを一つ、見せてください。(ネタバレしそうな部分は伏字などで構いません)

軽い音ひとつで空間が月影に青白く染まった。
ひたひたと秘めやかな音を立てて窓辺へ戻り、晴れた夜空を見上げる。
十六夜の月は天頂を過ぎて僅かに低い。
来てみろと声をかけようと、振り返った途端、……電気を消したことを後悔した。
下を向いた彼の、顔に落ちた睫毛の蒼い影。
灰皿を引き寄せて煙草を銜えるのを見て、傍へ寄る。彼の手からライターを抜き取り、カチリと石を鳴らす。
無言で差し出された火を見て、彼は僅かに目を瞠り……ふ、と笑って顔を寄せた。
炎の朱だけが蒼い部屋の中で異質。
煙草の先がちりちりと静かな音を立てて燃える。


6:あなたの書いた小説に今まで登場した中で、一番好きな心理描写の言い回しを一つ、見せてください。(ネタバレしそうな部分は伏字などで構いません)

心理描写ってあんまりしてないかも……。
なので、心理描写といえるかどうかもわかりませんが。

 気づいてほしいなんてちらりとも思わなかった。
 どうせこの時間はうたかたの夢だ。この馬鹿げた戦争が終わってしまえば、記憶すら残らない。ならば、かえりみられることのない路傍の石でいい。忘れられると分かっている思い出など寂しすぎるだけだ。


7:あなたの書いた小説に今まで登場した中で、好きな台詞を三つ、見せてください。(ネタバレしそうな部分は伏字などで構いません)

「従おう。あなたが苦難を甘んじて受けるというのなら、私にあなたを止める権利はない。あなたが運命を受け入れるというのなら、私もそれを受け入れよう。汚れを引き受けよう。……しかし私は神の意に従うのではない。断じて神などには従わぬ!」

「帰る場所は、疾うに失くした」

「私と生きろ、『    』。果てまで」(都合により伏字)

全部男の台詞なあたり・・・orz


8:あなたがこれから小説に書こうとしている台詞で、「今後の見所!」になりそうな意味深台詞を三つ、ここでコソッと教えてはいただけませんか?

書けるかどうかわかりませんが。構想中のネタからふたつ。

「治らなくていいのに」(デュラ/静雄)

「俺は俺の思う通りに生きる。
 お前はお前の感情に従えばいい」(D灰夢/神田)


9:小説を書く時に、音楽は聞きますか? 聞くとしたら、どんな音楽を聞きますか?

大体聞いてる。書いてるのと合うやつを聞くようにしてる。
ただし、丁度いいBGMが見つからなかった場合、かえって阻害されることもあるので、そのときはただひたすらNO MUSIC。


10:日々の生活で、「あのキャラならここはこうするだろう」「あのキャラならこれを選ぶだろう」といった妄想が展開されることはありますか?

基本的に脳内には旬のキャラが棲んでますw

11:これから小説を書き始めようとしている方に、何かアドバイスがあればどうぞ。

いろんなもの読んでボキャブラリを多くすること。
あとは好きこそ物の上手なれ。


12:ありがとうございました。 もし良かったら五人くらいにパスしてはいただけませんでしょうか。

気づいた方、もってっちゃってくださーい。

 

| 狭霧あや | 日常 | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:13 | - | - |









http://sagili.jugem.jp/trackback/277
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

このページの先頭へ